大学選抜強化プログラム2022『大学女子硬式野球選抜 vs 淡路BRAVEOCEANS』

先日、高校女子野球選抜の強化プログラムとして行われたイチロー氏率いるKOBE CHIBENとの一戦に続き、大学女子硬式野球選抜の強化プログラムが淡路島と甲子園で2日間に渡り開催されます

本記事では、淡路佐野運動公園にて行われた淡路BRAVEOCEANSとの一戦の模様をお届けします

全国8大学から20選手が参加 大学女子硬式野球選抜メンバー紹介

守備氏名ふりがな大学学年出身高校
投手半田 莉子はんだ りこ尚美学園大学4年作新学院
投手篠原 花奈しのはら かな平成国際大学2年札幌新陽
投手相田 千陽あいだ ちはる日本大学国際関係学部2年福井工大福井
投手土屋 愉菜つちや ゆなIPU環太平洋大学4年岐阜第一
投手佐合 桃果さごう ももかIPU環太平洋大学2年神戸弘陵
投手柏崎 咲和かしざき さわ大阪体育大学1年福井工大福井
捕手生井 美桜なまい みさき平成国際大学3年作新学院
捕手田端 凜々花たばた りりか尚美学園大学4年折尾愛真
捕手弓埜 里桜ゆみの りお大阪体育大学4年大体大浪商
内野手時田 萌南ときた もえなIPU環太平洋大学2年クラーク記念
内野手工藤 里菜くどう りな札幌国際大学3年神戸弘陵
内野手小坂 未羽こざか みう平成国際大学3年福井工大福井
内野手小松 海月こまつ かづき札幌国際大学2年神戸弘陵
内野手小野里 綾夏おのざと あやか平成国際大学4年花咲徳栄
内野手髙橋 奈央たかはし なお至学館大学3年至学館
外野手石垣 麻弥乃いしがき まやの尚美学園大学3年埼玉栄
外野手才川 珠貴さいかわ みきIPU環太平洋大学2年神戸弘陵
外野手髙田 爽矢たかだ さや至学館大学4年福知山成美
外野手村田 凪沙むらた なぎさ尚美学園大学3年京都外大西
外野手米谷 奈月よねたに なつき尚美学園大学3年神戸弘陵

今季春・夏の大学選手権を制した尚美学園大学から最多となる5名が参加。2大会を全勝で優勝した尚美学園大学は関東連盟主催のヴィーナスリーグでも各選手が優秀な成績を収めています。

出身高校別に見ると、神戸弘陵が5名、福井工大福井が3名と近年高校の大会で上位の成績を収めている高校が目立ちます。大学選抜の監督は今季の大学選手権参加大学では唯一の女性監督である柳理菜(日大国際監督)。

※試合は特別ルールで9回まで行われました。淡路BOには大阪体育大学・桃山学院教育大学の選手も一部参加しています。

生井美桜(平成国際大学)のサヨナラ安打で大学選抜が勝利!!

両チーム細かい継投で終盤までもつれる投手戦となった試合は、平成国際大学・生井美桜のサヨナラ安打で大学選抜が勝利した。

サヨナラ安打を放った生井美桜選手(平成国際大学)
サヨナラ安打を放った生井美桜選手(平成国際大学)

淡路BRAVEOCEANSは初回、先頭の主将・中田友実が安打を皮切りに一死二三塁のチャンスを作ると、4番・泉由希菜の内野安打の間に1点を先制する。さらに続く5番・星川もものファーストゴロの間に1点を追加し、初回から2点のリードを奪う。

先制打を放った泉由希菜選手(淡路BRAVEOCEANS)
先制打を放った泉由希菜選手(淡路BRAVEOCEANS)

追う展開となった大学選抜は4回、一死一塁から4番・田端凜々花(尚美学園大学)がライトオーバーの二塁打を放ちチャンスを拡げると、続く5番・石垣麻弥乃(尚美学園大学)の犠牲フライで1点を返す。大学選抜はプログラム参加全投手となる6人の継投で2回以降は無失点に抑え、1点差のまま最終回裏の攻撃を迎える。

2番手で登板し2回無失点の好投を見せた土屋愉奈投手(IPU環太平洋大学)
2番手で登板し2回無失点の好投を見せた土屋愉奈投手(IPU環太平洋大学)

最終回となる9回裏、先頭の米谷奈月(尚美学園大学)がサードを強襲するあたり(記録はエラー)で出塁すると、髙橋奈央(至学館大学)、工藤里菜(札幌国際大学)も安打で続き、無死満塁のチャンスを演出する。その後、押し出しで同点とすると、最後は生井美桜(平成国際大学)が右中間を破るサヨナラ安打を放ち、投手戦となった好ゲームの幕を閉じた。

最終回に内野安打で出塁しサヨナラのホームイン・髙橋奈央選手(至学館大学)
最終回に内野安打で出塁しサヨナラのホームイン・髙橋奈央選手(至学館大学)

柳理菜監督・弓埜里桜主将・生井美桜選手:試合後インタビュー

大学女子硬式野球選抜
大学女子硬式野球選抜

大学選抜の監督を務めた日本大学国際関係学部・柳理菜監督
「どうしてもあと1本が出ずに苦しかったのですが、最後にしっかり決めてくれるのはやはり強いチームだなと。(大学選抜の監督という役職について、)トップレベルの選手がきているので、選手の実力を信じて、選手が実力を出せるようにサポートすることが役目だと感じていました。失敗してもいいので、自分の力を出し惜しみせずに出し切っていこうと話していました。高校生たちに大学で女子野球を続けたいと思ってもらえるように、強さで大学の魅力をもっと伝えていきたいです。」

大学選抜の主将を務めた大阪体育大学・弓埜里桜選手
「初回はミスもあって2点取られてやばいかなと思ったのですが、ピッチャーも1回ずつの継投でずっと0に抑えてくれたことが最後のああいう結果に繋がったかなと思います。とにかく勝つことに拘っていたので、勝ててよかったです。今後、みんながこの大学選抜に選ばれることが目標となるような、選抜に選ばれるために頑張るというような取り組みになればいいなと思います。(明日の甲子園について、)やるからには勝つということに拘って、楽しんでやれたらと思います。今日は4番で一本も打てなかったので、甲子園で1本でも打ってチームの勝利に繋げたいです。」

サヨナラ安打を放った平成国際大学・生井美桜選手
「前の打席まではチャンスで打てなかったりということがあったので、回ってきたら自分で決めようという気持ちでした。自分の持ち味は初球から積極的に打ちにいくところですが、前の打席までは消極的になってしまっていたので、最後の打席は思い切って振りにいけました。女子野球を当たり前の文化にしていくためには、選抜された選手が引っ張っていけなければいけないと思うので、このプログラムを通して女子野球を盛り上げていきたいです。(明日の甲子園について、)女子野球が発展してきているからこそできることだと思うので、この20人でそれを噛み締めて頑張っていきたいなと思います。」

平成国際大学・生井美桜選手
平成国際大学・生井美桜選手

大学選抜強化プログラム2022、明日は甲子園球場にて阪神タイガースWomenとの一戦が行われる予定です。試合開始は9:00予定、入場無料です!!

おすすめの記事