6府県で女子野球を経験した久保夏葵が各地で感じたこと

岩手県出身の私は、当時県内に女子野球部を持つ高校がなかったことから高知県の室戸高校に進学しました。その後は京都府・愛知県で女子プロ野球選手として活動、兵庫県で女子クラブチームに所属した後、今年埼玉県の平成国際大学に入学しました。

〜2015〜15歳中学校まで岩手県
201515歳室戸高校 女子硬式野球部高知県
201818歳女子プロ野球 育成球団レイア京都府
201919歳女子プロ野球 愛知ディオーネ愛知県
202020歳兵庫ブルーサンダース兵庫県
2021〜21歳〜平成国際大学 女子硬式野球部埼玉県

現在大学4年の年齢ですが、6府県で様々な経験を積ませていただくことができました。“女子野球選手”でなければこの様な経験はできなかったと思います。今回はこれまでの経験を簡単に振り返りたいと思います。

まず、中学3年生までの約15年間は岩手県で野球をしていました

小学生の時に野球を始め、中学では地元近くのリトルシニアに所属していました。少年野球チームには2学年上にも女子選手がいましたし、周りのチームにも3人ずつくらいは女子選手がいました。

周りに女子選手も多く、自分自身も女子が野球をすることについてはなんの違和感もありませんでした。地域の方も「女子なのに」という否定的な考えではなく、応援してくれる方が多かったように思います。

高校3年間は高知県で野球をしていました

私が室戸高校に入学したときは、女子硬式野球部が創部して間もない頃でしたので、地域の皆さんも知ってくださっている方が多く、常に温かい応援をしていただきました。地元から遠い高知県で生活を送っていた私にとって、地域の方々に応援してもらえるということは本当に心強いことだったと思います。

しかし当時の四国には女子硬式野球チームがほとんどなかったので、女子選手同士で試合をすることは年に数えることができるくらいの試合数しか行なえませんでした。そのため、初めて全国大会に参加したときには、全国に多くの女子選手がいることが実感でき、嬉しい気持ちの反面、もっと自分も頑張らなければならないと強く感じました。

高校を卒業して女子プロ野球選手としての2年間は、京都府と愛知県で野球をしていました

女子プロ野球の先輩方がおよそ10年間作り上げてきた歴史もあり、ここでも地域の皆さんからの温かいご声援をたくさん感じました。しかし、本拠地であるこの2都市でも女子プロ野球を知らない方も多く、まだまだマイナーなスポーツであることを改めて実感しました

女子プロ野球退団後の1年間は兵庫県でクラブチームに所属し、社会人として働きながら野球をしていました

関西独立リーグのチームがあったため、野球を応援する人は多いように感じましたが、やはり女子のチームとなると驚く人がほとんどでしたが応援してくださる方がほとんどでした。職場でも、試合結果を楽しみにしてくださったり、一緒に野球の話をしてくださったりと、温かく声をかけていただき、心温まる職場でした。

高校卒業後3年間で過ごした京都・愛知・兵庫は、野球・女子野球チームが活動していた長年の歴史があり、「野球選手として応援されている」ということを実感できる街でした。もちろん岩手や高知でも応援はされていましたが、少し違った雰囲気を感じました。現在の女子野球は新しいチームが多いですが、これから長年地域に根付いた活動を行い、街の人みんなに応援されるチームが増えればもっと魅力的になるのではと思いました

そして現在、埼玉県の平成国際大学で野球をしています

どの世代においても、周りからの理解や支援をいただくためには、女子野球の認知度を上げることは欠かせないことだと思います。地域と密着した活動を行うなど、多くの人の目に留まるような活動を積極的に行うことで女子野球を目にする機会は増えると思います。そして女子野球ならではの良さを伝え、野球のレベルももっとあげることで女子野球を魅力的だと思っていただけるようにすることが必要だと思います

私自身の今後の目標は、まず教員免許を取得することです。4年生になり進路を考える時に教員免許を活かすことができる場所があるのであれば、挑戦していきたいと思っています。そして、女子選手が野球をする場所、活躍する場所を提供できるように尽力していきたいと思っています。また、女子野球界のみならず、多くのことに目を向け、頑張っている人を支える人の支えになれるような人間になることが私の目標でもあります。

今後は各県で女子野球を経験した上で感じた違いや特色など、6府県それぞれにフォーカスして紹介していきたいと思います!!

おすすめの記事