女子野球選手100人アンケート2022 コントロール部門1位 埼玉西武ライオンズ・レディース 里 綾実

「女子野球選手100人アンケート2022」として、「直球」「コントロール」「変化球」「長打力」「バットコントロール」「走塁」「守備」「強肩」の計8部門で現役女子野球選手100人にアンケート調査を行いました。

各部門で1位を獲得した女子野球界トップレベルの9選手(強肩部門は同率で2名が1位)に今シーズンを振り返っていただきます

本記事ではコントロール部門で2年連続となる最多票を獲得した埼玉西武ライオンズレディース・里綾実投手にお話を聞かせていただきました。

【里綾実(さとあやみ)】
1989年12月21日生まれ。鹿児島県出身。

[経歴]
神村学園高等部
尚美学園大学
レイア(2013-2014)
愛知ディオーネ(2015-2019)
埼玉西武ライオンズ・レディース(2020-)

[日本代表歴]
2010年 第4回女子野球W杯(最高勝率)
2012年 第5回女子野球W杯(救援投手ベストナイン)
2014年 第6回女子野球W杯(大会MVP)
2016年 第7回女子野球W杯(大会MVP・先発投手ベストナイン)
2018年 第8回女子野球W杯(大会MVP)
2021年 第9回女子野球W杯(開催中止)
2022年 第3回女子野球アジア杯(最終候補/開催時期未定)

昨年不調からの立て直し きっかけは奄美大島での内海投手との自主トレ

小石
まずは、コントロール部門で2年連続の1位となった感想をお願いします。
里投手
チームとして全国大会で優勝したりした訳ではないので、選ばれているとは思っていませんでした。1位と聞いて「本当かな?間違いじゃないかな?」と思いました(笑)
小石
里さん自身、今シーズンのピッチングを振り返るとどうでしたか?
里投手
去年は失投が多く、力が入ってし抜けてしまうとか、ここぞという時のコントロールがどうしようもできなくてもがいていたシーズンでした。なので、オフシーズン期間で「初心に帰ろう」という気持ちで走り込み、身体作りを行いました。その結果、意識して狙ったところに投げれるようになってきて、今シーズンは自分のイメージと実際の投球の差が少なく投げることができたかなと思います。多少失投はありましたが、昨年に比べると成長できたというか、改善できたのかなと。
小石
昨年もコントロール部門1位に選ばれたり、試合でも安定して活躍していた様に感じましたが、里さん自身の感覚としては苦しいシーズンだったと。
里投手
そうですね。「やらなきゃ」という気持ちが力みに繋がって、気持ちばかり先走ってしまったなと。それが上手く改善できなくて、どうしようかとすごく模索していた1年でした。
小石
改善に繋がったきっかけは何だったのですか?
里投手
上手くいかない時は色々な人から色々なアドバイスをもらうのですが、投げるのは自分なので、「良くても悪くても自分の責任。自分を信じよう。」という気持ちになったことが1番の要因だと思います。
小石
なるほど。人の意見に耳を傾ける前に、まずは自分を信じることの方がということですね。
里投手
そうですね。もちろん、人から学べることもたくさんあるとは思います。今年の1月には地元の奄美大島で内海さんの自主トレに1ヶ月丸々参加させてもらい、一緒に参加していた若手選手も含め、年齢とか関係なく色々なことを学べるだけ学びました
小石
そうだったんですね。自主トレではどの様な取り組みを行っていたのですか?
里投手
プロ野球の若手選手たちにはついていけないので少し軽めではあったのですが、基本的には同じメニューをやり切りました。トレーニングとしては切り替えのダッシュを多く取り入れていて、それが力の出し方やボディーバランス、瞬時に力を出すというところに繋がりました。
小石
それがイメージと実際の投球との差を少なくすることに繋がるのですね。
里投手
そうですね。力を出す“タイミング”の感覚が上手くハマったというか思うようにコントロールできるようになりました。投げるときに力まず、本当に“ここ”というポイントやタイミングを意識して投げることができるようになったと思います。
小石
その自主トレはどういった経緯で参加することになったのですか?
里投手
内海さんたちは5年前から奄美大島で自主トレをしていて、私の小学校の同級生がそのアテンドをやっていました。昨年調子が悪くて色々と模索していたので、「もし可能であればガッツリ練習に参加させてもらいたい。」と私からその子にお願いして、参加させてもらえることになりました。
小石
このオフもまた参加するのですか?
里投手
内海さんが今シーズンで現役を引退してしまいましたが、“内海チルドレン”が今年も奄美大島でやると思うので、私もこの一年を通して成長できた部分をそこで見せたいですね。

今シーズンは「自分のイメージと実際の投球の差が少なかった」という里投手。クラブ選手権や全日本選手権での投球を外から見ていても構えたコースにキレのあるボールを投げ込んでいる印象がありました。

次項では、チームとしての今シーズンの戦いを振り返っていただきます。

『苦しい展開でも粘って勝てた』埼玉西武LLとしての3年目のシーズンを振り返って

小石
埼玉西武LLとしては3年目のシーズン。チームとしてはどの様な1年でしたか?
里投手
チームとしては昨年はちょっとバラバラというか、思うように勝てない悔しさもありましたが、今年は苦しい試合展開の中でも粘って勝つということもできたと思います。楽ではなかったですが、去年よりは「どうにかこのチームで勝つ」という思いをチーム全体で持つことができたので、一つの壁は越えられたのかなと。
小石
なるほど。チームとしても去年よりも今シーズンの方が良かったと。
里投手
そうですね。今年は苦しい展開でも勝つことができたので、来年はもう一個レベルをあげて、常に優位に立てるようになりたいです。ただ、チームも増えてきて、どのチームもしっかりとトレーニングや練習をしていると思います。ライオンズ・レディースは自分たちでやるという部分が多く占めているので、土日のみの練習の中で選手たちで励まし合いながら、高い意識を持ってやっていきたいです。
小石
来シーズンに向けて、メンバーも減ってしまった部分はありますが、その点はいかがでしょうか?
里投手
メンバーは大きく変わってしまうところはありますが、いなくなったことにどうこう言っていても仕方がないので、残ったメンバーでベストを出してやっていけたらなと思います。退団して他のチームにいった選手たちもいるので、来シーズン対戦した時にはお互いのレベルアップを感じられたらいいなと思います。
小石
今年は阪神がクラブ選手権優勝、巨人も来季から本格スタートということもあり、西武LLも負けてはいられませんね。
里投手
そうですね。タイガースも昨年ライオンズに負けたことで凄く悔しい思いがあり、それが今シーズンの優勝に繋がったと思うので、私たちも今年の悔しさを次に活かせるようにやっていきます。来年はジャイアンツがスタートし、もちろん1年目から優勝を狙うという意識だと思うので、私たちも負けないように頑張ります。

『ヴィーナスリーグを日本一のリーグに!!』 今シーズンの女子野球を振り返って

小石
今年の女子野球界全体で考えると、どの様な年だったと感じましたか?
里投手
先日淡路島で行われた東西対抗戦でも関西選抜が3勝という結果でしたが、1年を通して関西のチームが凄く強いなと感じました。
小石
確かに今年は関西のチームが強かった印象がありますね。
里投手
そうですね。なんか悔しかったです。関東が女子野球が一番盛んでレベルも高いと言われていたので、負けていられないなと。「ライオンズが」とか「チームが」ということよりもまずは関東の女子野球勢でどうにかレベルをあげていき、『日本一のリーグ』と言われ続けるようにやっていきたいです。その中で、ライオンズが一番になればという思いです。
小石
リーグ全体のレベルが上がっていけば、より高いレベルでの経験を積むこともできるので、必然的に全国大会でも良い結果が出せるようになりますね。
里投手
関東女子野球連盟事務局長の宮野さんとも話して、ヴィーナスリーグ運営の思いについても色々と聞きました。「たくさん試合をさせてあげたい。試合をすることで関東の女子野球のレベルをあげていきたい。」と。そういう女子野球に熱い人たちの思いを聞かせてもらうことも多い1年だったので、そういう人たちのためというところも含めて関東が強くありたいなと思いました。
小石
関東の選手みんながそういう思いでプレーして欲しいですね。
里投手
まだ選手の中には「自分なんかが...」と一歩引いている人もいるのかなとも思いました。本当に好きな野球を本気でやって楽しんでいる姿を見ている人は応援したいと思うはずなので、みんなが本気で熱くやること、そして私自身もみんなが向かってきたいと思えるようなピッチングやプレーができたらいいなと思います。まずは私が全力で楽しみたいと思います。
小石
それでは最後に、里さん個人としての来年の意気込みをお願いします!!
里投手
これはプロの時からずっと思っていることですが、『去年の自分を超える』ということがプレーヤーとしての目標です!!
小石
今年以上の里さんのピッチング、そして強い関東勢の戦いぶりに期待しています!本日はありがとうございました。
里投手
こちらこそありがとうございました。1年後に「やりましたね。」と言えるように頑張ります!!

選手としての実績に加え、関東のリーグ全体のレベルアップや、女子野球界全体の発展など、思いや考えの部分でも女子野球界を牽引していく存在である里投手。今季は一般社団法人『野球はみんなのスポーツ』を立ち上げ、女子野球のイベント開催も行っています。

来シーズンも里投手個人としての活躍はもちろん、イベントや発信活動といった部分でも更なる活躍に期待です。

おすすめの記事