【8/22加須きずなスタジアム】 全日本クラブ選手権関東予選結果

8月22日に加須きずなスタジアムで行われた全日本クラブ選手権関東予選セカンドステージの結果をお届けします!!

ファーストステージの結果はこちら

前日に行われたファーストステージに敗れた6チームが、この日行われたセカンドステージで対戦。この3試合の勝者は10月に行われる第16回全日本女子硬式クラブ野球選手権大会への出場権を獲得する。

ハマンジINFINITY 対 日本ウェルネス

1234567R
ハマンジINFINITY003400310
日本ウェルネス12200016

バッテリー
INFINITY:小久保・会田・宇田川綺・桑原ー宇田川希
ウェルネス:高村・中馬・百武ー松井

二塁打:岩田(IN)・中馬・及川(W)

両チーム合計23安打、初回から点の取り合いとなった乱打戦はINFINITYが勝利し本戦出場を決めた。

敗れた日本ウェルネスはサードステージに進出し、残り1枠の本戦出場をかけて争う。

Rabbits 対 駒沢Rise

1234567R
Rabbits00010113
駒沢Rise130000×4

バッテリー
Rabbits:吉田・竹村ー竹内
駒沢Rise:岡田ー水島

二塁打:松木・増子・吉松(Ra)・芦田(駒)

セカンドステージ第2試合は4点を先制した駒沢RiseがRabbitsの追撃を振り切り接戦をものにした。駒沢Riseは2大会ぶりの本戦出場となる。

敗れたRabbitsはサードステージに進出し、残り1枠の本戦出場をかけて争う。

アサヒトラスト 対 エイジェック

1234567R
アサヒトラスト10000012
エイジェック1000013

バッテリー
アサヒトラスト:藤田ー前田
エイジェック:竹村・小野寺・森ー船越

二塁打:落合(ア)

クラブ選手権最多5回の優勝を誇るアサヒトラストと今夏の全日本選手権覇者・エイジェックが激突した好カードは、両者一歩も引かない展開となったが、エイジェックのサヨナラ勝利という幕切れになった。エイジェックは大会初優勝・今季の全国大会2冠をかけて10月に行われる本戦に挑む。

最終回に登板し、勝利投手となった森若菜投手(写真は全日本選手権時)

アサヒトラストは先発の藤田捺巳が強力エイジェック打線を4安打に抑えるも3点を失い敗戦。サードステージに進出し、残り1枠の本戦出場をかけて争う。

先発・完投の藤田捺巳投手(写真は全日本選手権時)

全日本クラブ選手権関東予選2日間のまとめ

この日敗れた日本ウェルネス・Rabbits・アサヒトラストが本戦出場の残り1枠をかけてサードステージを戦う。

2日間で本戦出場を決めたチームは以下の10チーム
新波(東京都)
ゴールドジム(東京都)
GOODJOB(神奈川県)
侍(埼玉県)
ZENKOBEAMS(埼玉県)
埼玉西武ライオンズ・レディース(埼玉県)
ハナマウイ(東京都)
ハマンジINFINITY(埼玉県)
駒沢Rise(東京都)
エイジェック(栃木県)

おすすめの記事