第7回女子硬式野球西日本大会 全試合結果

11月13日、14日に女子野球タウン・広島県三次市で行われた第7回女子硬式野球西日本大会の全試合結果をお届けします。27チームが参加した今大会、1日目は3チームごとに分かれリーグ戦を行い、2日目は各ブロックの順位ごとにトーナメントが行われる。また、試合は70分間の時間制にて行われる。土日2日間のみの大会開催の中で、リーグ戦で敗れてもトーナメント参加権利があり、少なくとも3試合は試合経験を積むことができる大会となっている。

第7回女子硬式野球西日本大会大会概要

11/13 予選リーグ全試合結果

大会1日目、リーグ戦の全試合結果は以下の通り。5会場でそれぞれ6試合(三次高校グラウンドは3試合)の計27試合が行われた。

グループ三次きんさいスタジアム
A東近江バイオレッツ7-0山陽高校
H高知中央高校0-7大阪体育大学
A岡山学芸館高校0-7東近江バイオレッツ
H大阪体育大学3-1蒼開高校
A山陽高校5-6岡山学芸館高校
H蒼開高校2-3高知中央高校
グループ三次市営球場
C環太平洋大学11-0浪商高校
D東海NEXUS2-1秀岳館高校
C福井工大高校3-0環太平洋大学
D秀岳館高校0-4京都両洋高校
C浪商高校1-7環太平洋大学
D京都両洋高校2-2東海NEXUS
グループカーター記念球場
E福知山成美高校0-7京都外大西高校
F京都明徳高校8-1佐伯高校
E島根中央高校7-3福知山成美高校
FSEIBI GLITTERS7-0京都明徳高校
E京都外大西高校8-5島根中央高校
F佐伯高校0-6SEIBI GLITTERS
グループ三和総合運動公園野球場
B折尾愛真高校8-1MSH医療専門学校
B新田高校0-1折尾愛真高校
BMSH医療専門学校9-9新田高校
G丹波ガールズ0-7WELFARE
GWELFARE0-9神村学園高等部
G丹波ガールズ0-7神村学園高等部
グループ三次高校野球場
Iピュアエンジェル2-3マドンナ松山
Iピュアエンジェル0-0倉敷ピーチジャックス
Iマドンナ松山5-4倉敷ピーチジャックス
グループ1位2位3位
A東近江バイオレッツ岡山学芸館高校山陽高校
B折尾愛真高校新田高校MSH医療専門学校
C福井工大高校環太平洋大学浪商高校
D京都両洋高校東海NEXUS秀岳館高校
E京都外大西高校島根中央高校福知山成美高校
FSEIBI GLITTERS京都明徳高校佐伯高校
G神村学園高等部WELFARE丹波ガールズ
H大阪体育大学高知中央高校蒼開高校
Iマドンナ松山ピュアエンジェル倉敷ピーチジャックス

11/14 3位トーナメント全試合結果

2日目、3位トーナメントは全体的に高校チームの活躍が目立ち、福知山成美高校と蒼開高校が勝ち上がった

丹波ガールズ7-7浪商高校
福知山成美高校3-0丹波ガールズ
倉敷ピーチジャックス1-3山陽高校
福知山成美高校5-0山陽高校
佐伯高校1-8蒼開高校
秀岳館高校1-0MSH医療専門学校
蒼開高校9-8秀岳館高校

11/14 2位トーナメント全試合結果

2位トーナメントは岡山学芸館高校との岡山県対決を制した環太平洋大学が勝ち上がった

1回戦京都明徳高校1-4岡山学芸館高校
2回戦WELFARE6-7新田高校
2回戦高知中央高校0-8環太平洋大学
2回戦ピュアエンジェル1-5東海NEXUS
2回戦島根中央高校0-7岡山学芸館高校
準決勝岡山学芸館高校6-4新田高校
準決勝環太平洋大学1-0東海NEXUS
決勝岡山学芸館高校2-4環太平洋大学

11/14 1位トーナメント全試合結果

1位トーナメントは、東近江バイオレッツが京都両洋高校を破り優勝。東近江バイオレッツは女子硬式野球西日本大会2連覇を達成した

1回戦京都外大西高校4-0マドンナ松山
2回戦折尾愛真高校1-2SEIBI GLITTERS
2回戦福井工大高校8-1神村学園高等部
2回戦京都両洋高校5-2大阪体育大学
2回戦東近江バイオレッツ6-0京都外大西高校
準決勝福井工大高校0-1京都両洋高校
準決勝東近江バイオレッツ9-2SEIBI GLITTERS
決勝東近江バイオレッツ4-0京都両洋高校

東近江バイオレッツの2連覇で幕を閉じた西日本大会。全国に拡がりつつある女子野球だが、全日本選手権・クラブ選手権の結果を見ると、優勝・準優勝のほとんどを関東勢が占めている。しかし、今回の大会開催地である三次市を初め、女子野球タウンは西日本で多く認定されている

チーム数が少なく、実践経験を積む機会も少ないことは女子野球界全体の課題でもある。今大会は自治体バックアップの下、時間制や変則的なリーグ戦・トーナメント制で実戦経験を多く積むことができ、女子野球界の現状にマッチした大会である様に感じた。

全国どこでも女子野球ができる環境はまだまだ整っていないかもしれませんが、その土台となるものはできてきている様に感じます。今後、各地域で様々な特色を持った大会が増えていくことになるのではないでしょうか。北海道から沖縄まで、そして日本から世界へ、女子野球が拡がっていくことに期待です!!

おすすめの記事